キャッシングサービスについて

キャッシングサービスについて。
例えば消費者金融会社の1社から50万円の借り入れをしていると仮定します。(A社とします)

更に、別の消費者金融会社からキャッシングサービスを受けたいと考え、申し込みをするとしましょう。(B社とします)

すると、B社はまず間違いなく「個人信用情報機関」に問い合わせをし、申し込みしようとするあなたの金融機関の利用状況を調査し、あなたの借り入れ申し込み審査の参考にするはずです。

これは…
▽融資を受けた際の返済状況はどうだったか。遅延はなかっただろうか

▽融資を受けている、もしくは過去に消費者金融などを利用した経験はあるか

▽自己破産や債務整理を行った経験はあるか

このような個人の金融機関との取引情報などが照会され、新たな融資取引の際に参考にされます。

つまり、返済の遅延など返済状況、取引の態度が記録され、新たに違う取引・融資を始めようとする際には影響を及ぼすという事です。

上記の例で言えば…
A社との取引に於いて、返済の遅延が多くあったりすると、B社と取引を開始しようとしても(つまり、お金を借りようとする)審査に悪い印象を与える可能性もあるという訳です。

A社との取引、融資を受けてから順調に返済を履行し、問題なく取引をしている場合にはB社との新規取引にも悪影響はないでしょう。

つまりは、返済期日に遅れない事。
キャッシングサービスを利用するにあたり、信用を得るのか、信用を失うのかは返済期日を遵守出来るかどうかが非常に大きなポイントとなります。


クレジット/キャッシング比較TOP_PAGEへ





無料レンタルHP
SPACE